SEO

独自ドメイン.tokyoとは?有名サイトは使っているの?デメリットは?



.tokyoドメインとは

ドメイン570種類以上!独自ドメインをお手頃価格でらくらく取得

.tokyoドメインとは、は2014年4月に誕生した「東京」を表す地理的名称トップレベルドメインのことです。

東京に関連したWebサイトであることが、.tokyoドメインなら、ひと目でわかるというメリットがあります。
観光や地域振興のみならず、東京を拠点とする企業・団体・個人事業主・フリーランスはもちろん、東京の飲食店やサービス、東京の情報を扱うサイトなど、東京に関連するWebサイトの運営に最適なドメインです。
また、.tokyoドメインは、国内外を問わず、個人・法人・誰でも登録することが可能です。

地域名TLDとは

「.tokyo」をはじめとした地域名TLDは、ロンドン、ニューヨークといった世界の主要都市を中心に全34種類存在します。
日本国内の地域名TLDは「.tokyo」以外にも、「.nagoya」「.yokohama」「.okinawa」「.ryukyu」「.kyoto」があります。

東京のドメイン「.tokyo」は地域名TLDで世界No.1

「東京」を表す地理的名称トップレベルドメイン(地域名TLD)「.tokyo」ドメインは、2018年8月20日に登録管理件数が10万件を突破しています。
新規登録の料金・管理料金の安さなどのメリットはもちろんですが、「.tokyo」というビジネスにも観光にもクリエイターにも使いやすいという汎用性、経済分野や文化交流面での関心の高さもまた「.tokyo」ドメインの人気を後押ししたのかもしれません。
地域名TLDの登録管理件数としては、イギリスの首都ロンドンを表す「.london」を上回り「.tokyo」が世界第1位となっています。

東京のドメイン「.tokyo」の人気

2018年3月には「.london」を上回り世界第1位を達成し、ドメインの登録開始から4年4ヶ月後の2018年8月20日には登録管理件数10万件を突破しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
順位)都市名     /  ドメイン   / 登録管理件数
----------------------------------------------------------
1) 東京     /   .tokyo      / 102,627
2) ロンドン    /  .london    /  81,737
3) ニューヨーク  /  .nyc      /  70,370
4) ベルリン    /  .berlin   /  53,707
5) アムステルダム /  .amsterdam /  30,480
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出典: nTLDStats(https://ntldstats.com/tld )数字は2018年8月23日時点

.tokyoドメインを利用した有名サイト

.tokyoドメインのメリット

.tokyoドメインは新しいドメインなので空きドメインが多く、好きな文字列の独自ドメインを取得しやすいというメリットがあります。

.tokyoドメインのデメリット

実際に、.tokyoドメインのサイトを運営していますが、特にデメリットは感じないです。
.tokyoドメインで運用してもドメインランクは30以上まで順調に成長しましたし、ツイッターでシェアする際に.xyzドメインのような不都合を被ることもありません。
強いてデメリットを挙げるなら、.tokyoドメインは.comドメインよりも2文字長いので簡潔なドメインが欲しい方には長すぎるかもしれないというデメリットがあります。
また希望する文字列によっては、comドメインよりも.tokyoドメインの方が長ったらしく見えてしまうことがあるのもデメリットです。
.tokyoドメインの方が、たった2文字多いだけなのにぱっと見の印象が変わってしますのは不思議ですよね。

.tokyoドメインの更新料金

.tokyoドメインの更新料金は.comと同じく1,628円です。

.tokyoドメインを取得できるドメインサービス



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Reino

佐賀県唐津市生まれ。 東京育ちのフリーランスのWebマーケター・文筆家・美容ブロガー・美容研究家。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 慶應義塾大学で社会人学生として、人生2回目の大学生生活を満喫中。 UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuとしての顔もあります😎 詳しいプロフィールはこちら

-SEO

© 2020 mieux